2012年10月11日

縁 H

こんにちは犬(足)

さっさと について
書き上げてしまわないとね。

も〜毎日 やらかしてくれるもんで 書きたい事は沢山あるんだけどねあせあせ(飛び散る汗)



さて 黒の女の仔の三つ子ちゃんから選ばなければならないんですが


12082622.DSC01693.JPG


こ〜んな感じでいました犬(笑)


ちっちゃ〜いexclamation


と思ったのが 最初の感想です。

だって かりんは42日目で すでに6キロありましたからね。
成犬では21キロでしたが。


正直 この仔達を直視できませんでした。

だって我が家もそうですが この仔達の犬生も決まってしまうんですもん。
それを この手で選ぶなんてね・・・。


傍には 蝶お母さんがいました。
ホントに かりんにそっくり!

選んだ仔は 今日で 蝶お母さんともお別れだし・・・
いろんな思いが交差しました。


園長が 
「どう?どの仔にするか決まった?」


えーーーーーママンが決めるのexclamation&question


どうやら 何でも決定権はママンにあるようです(鬼妻ですもん)顔(笑)


グズグズしてても仕方ないし ケージの中の仔達に目をやりました。


クルクル動き回って 顔なんて見えません。
大きさも同じだし 性格だって これじゃわかりません。


しばし見つめていました。


その時ですexclamation


一人の仔が動きを止めて ママンを見つめました。
(後の仔は まだ動き回っていました)


もう これでママンの黒ハートはキュン!


そして この仔にしようと抱き上げました揺れるハート


これまで すごく悩んだのに 一瞬の出来事。

こじつければ

「かりんがひきよせてくれた」

「かのん自身がママン家を望んでくれた」

とも言えますが やっぱりだったんだと思います。



「この仔にします」と 所長さんにお話したら

目や歯 骨格などを丁寧に見てくれまして

「大丈夫 健康そのものですよ」 と言って下さいました。


純血種って 良い遺伝子はいいですが 悪い遺伝子も強く出やすいです。

ラブは股関節異常や ガン体質が多いと聞いています。



ですから 顔や性格なんで ホントはどうでもいいことなんですよね。

顔は個性ですし 性格は躾で直せますからね。

健康であれば それだけで十分! それ以上の事はありませんもん。


さて この仔と決まってからは 書類上のことがあると言われ
部屋に通されました。


まず 驚いたのは 賞状やトロフィーの数々。
訓練所ですから 当然と言えば当然ですけどね。


そうして事務的なお話が終わり 御礼を言って帰ろうとしましたら

「この写真をさしあげます」と言われました。
それは 立派な額に入っていました。


それが これです。

12100722.DSC02180.JPG




この方は誰ですのだ?なんか見たことがあるのですのだ。
あれ? ママン! 私が写ってないないジャン!



あはは〜ごめんごめんあせあせ(飛び散る汗)


12091903.DSC02008.JPG

や〜だ これってママンに叱られてるとこじゃない。これじゃ 私の立つ瀬がないのですだ〜



くふふ!
だって毎日 叱られてんじゃないの。


この頂いたお写真の話は 長くなりましたので次にお話します。



今日も 遊びにきてくれて ありがとう犬(足)








【縁の最新記事】
ニックネーム ママン at 08:10| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]