2014年08月26日

歯医者さんから聞いた犬の歯の話

こんにちは犬(足)


今日は曇り晴れ10% 28℃の予報。


かのん地方は昨日から学校が始まりました。
子供達にナデナデされて ウハウハのかのんです。




編集_14082517.CIMG2670.JPG



ポーチは自分で持ってね。
と言ってもシーシー&フンはしませんけどね。


でも100%じゃないし
飼い主のモラルですからね。


さて 歯医者さん通いが始まったママン。
大の苦手だったのですが


医学の進歩ってすごい!
痛くもないし 昔のトラウマがすっかり消えてしまいました。


超音波で歯垢を除去したり
歯茎をマッサージしてもらった後の気持ちのいいことグッド(上向き矢印)


やっぱり笑顔の時に真っ白な歯っていいですよね。
治療が終わっても定期健診は怠らないようにしよっと。




編集_14082414.CIMG2663.JPG

あれほど嫌って グズグズしてたのにさ。
わたしは優等生なのだ!



だねあせあせ(飛び散る汗)
自分の事を棚に上げて かのんの歯磨きはかかさないもんね。


昨日治療後 Dr.とお話しする時間がありましてね
「犬の歯磨きを毎日しているんです」と言いましたら


お星さまになった(15才)シーズのパトラちゃんも
毎日 歯磨きをしていたそうです。


白内障と(シーズーには多いですからね)
少しの認知が見られましたが 病気知らずだったそうです。


亡くなるその日の朝はちゃんと食事をし
その5時間後に 安らかにお星さまになったそうです。
幸せな見送りでしたね。


肝心な犬の歯の話ですが


犬の歯は人間の歯より虫歯になりにくいです。

これは
口内ph(ペーハー)の違い
唾液の成分の違い
歯の形の違い
が影響していると言われます。

犬と人間の口内ph(ペーハー)が犬はアルカリ性、人は弱酸性で
虫歯菌はアルカリ性では繁殖しにくいです。

また、唾液の成分の違いもあり、
人間は唾液の成分の中に食べ物の中のでんぷんを糖に分解する酵素があり、
歯に糖分が蓄積しやすいのですが、犬の唾液にはその酵素がないため
犬は口の中に糖分があまり残りません。

犬の歯のトラブルと言えば歯周病や歯石、口臭トラブルなどが主で
虫歯はあまり聞いたことがないですよね。



と言うことでした。


でも!怖いのは歯周病!
これを防ぐには 絶対に歯磨きが必要だそうです。


人間界?でも注目視されていますが
内臓の病気の要因の一つにもなっています。




編集_14082608.CIMG2678.JPG



これは歯周病予防のための専用歯ブラシを(324円)
購入して その方法も勉強?してきました。


人間の場合は 普通 歯磨き粉をつけて磨きますよね。
その後が重要で


歯磨き粉は付けずに 歯周ポケットに歯ブラシを入れて(角度が大事)
細かく振動しながらマッサージするのだそうです。


前述したように ワンは虫歯になりにくいですから
Dr.は この方法を愛犬にしていたそうです。


ワン仔はブクブクができませんからね
マウスクリーナーの入った水を飲ませるか 
後は優しくガーゼで拭きとると完璧だそうです。


よし!と言うことで
かのんにも買ってきました〜歯ブラシグッド(上向き矢印)


そこまでしなくても・・・と思われる方
お時間があったら読んでみて下さい下


http://www.dog-dental.com/content/dental/dental_hanobyouki.html


今日はお堅いお話しになりましたので
かのんの笑顔をどーーーーぞ。




編集_14073018.CIMG2342.JPG



え?いらないって?顔(笑)


今日も遊びにきてくれて ありがとう犬(足)

お蔭さまで尚 勉強になったママンに
ポチっとお願いします下


ラブラドール・レトリバー ブログランキングへ
ニックネーム ママン at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考になれば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3682292
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック